菊の司酒造 - 創業1772年岩手県最古の酒蔵





てづくり七福神は1966年に発売し、以後およそ半世紀にわたりみなさまにご愛顧いただき、その香味を磨き続けてまいりました。

発売当時を振り返ると、まだ「大吟醸」スペックのお酒は市場に出回っていない時代でした。三倍増醸酒(さんばいぞうじょうしゅ)という、醸造アルコール、糖類、酸味料などで量をかさ増しした商品が全盛の当時に、有志の酒販店様をはじめとするお客さまの支えによって、他社に先駆けて発売した市販吟醸酒こそ、てづくり七福神なのです。

「水のようにスーとのめる」

そんな酒の存在を世の中の飲み手に知ってほしい。そんな想いで醸しておりました。上品で穏やかな香りと甘味があり、やさしく染み渡るような旨味は酵母の健全な発酵で。当時の日本酒業界では考えられないほど、手間暇を惜しまず、丁寧に造られていました。

時代を越えて、今日においても日々進化を続けております。

機械導入による省力化が進む現在の日本酒業界の中で、初心を忘れず、てづくり製法を伝承しています。「本州一寒い」と言われる盛岡の冬の最も寒さの厳しい時期、10度前後の冷水で丁寧に米を洗い、泊まり込みで麹をつくりあげ、およそ1カ月の長期低温発酵を経て醸し上げます。



五感を駆使して酒を醸す、ということは私たち造り手にとっても大きな意味を持っています。感覚を研ぎ澄まし、酵母や麹など微生物たちのはたらきを感じ取るという経験は、酒造りの深い境地に達するために必要不可欠なことです。20代の若手も造りの中核に携わり、50年以上続く「てづくり七福神」の担い手として醸しています。



仕上がった「てづくり七福神」は、盛岡の冬を想わせる凛と涼しい吟醸香を持ち、なめらかに、スルリと流れる辛口の大吟醸酒です。ぜひ、私たちの想いの詰まったお酒をお召し上がりください。

大吟醸のパイオニア。これぞ淡麗辛口のロングセラー
酒米「美山錦」を使用し、余計な甘味を残さずすっきりと辛口に醸し上げた大吟醸酒。およそ1年半瓶内冷蔵熟成させた落ち着いた味わい。
「大吟醸てづくり七福神」は当蔵の看板商品のひとつです。大吟醸の市販酒がまだない頃の1966年に先駆けて発売し、長らくご愛顧いただいているロングセラー。時代の変化に合わせてより良いものを、と磨き上げてきました。
「美山錦」を使用し、丁寧に低温熟成させ搾り、1度火入れでビン詰めしております。辛口のすっきりとした味わいは1年半の瓶内冷蔵熟成でカドが取れ、お食事に合わせてお楽しみいただける「食中の大吟醸酒」としてご好評いただいております。



てづくり七福神

  • 1-4 / 4
  • 1-4 / 4

お買い物ガイド

お支払い方法
  • 商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)
  • 銀行振込(前払)
  • クレジット
  • Amazon Pay
  • 楽天ペイ(オンライン決済)

» お支払いについての詳細はこちら

配送について
  • ゆうパック(日本郵便)

» 送料・配送についての詳細はこちら

不良品・返品について

商品が到着しましたらすぐに商品をご確認ください。
お客様のご都合による返品及び交換は一切お受けしかねますので予めご了承ください。
発送には十分注意いたしておりますが、万が一、ご注文の商品と違う商品が届いたり、破損及び酒質異常などの問題があった場合には恐れ入りますが、商品到着より7日以内にご連絡いただきますようお願いいたします。
到着より8日以上及び開栓後時間が経過した商品につきましては返品等の対応をお受けいたしかねますので予めご了承ください。

» 不良品・返品についての詳細はこちら

お問い合わせ
  • ■ お問い合わせの際はこちらまでご連絡下さい
  • TELL: 019-624-1311 ※平日9:00〜16:00
  • MAIL: shop@kikunotsukasa.jp